建物の基盤となる、PC工法(プレキャスト工法)・HySPEED工法の事ならNHS株式会社にお任せください。

sdg's
048-711-6990 営業時間: 9:00〜18:00 定休日: 土/日/祝日

営業時間: 9:00〜18:00
定休日: 土/日/祝日

ハイスピード

HySPEED工法

地盤改良とは

地盤沈下

地盤沈下

日本の地盤は粘土が多いため、自然由来のものや人工的なものを原因とした、地盤沈下という地盤が沈む現象が起きます。
一般的には一度沈下が起きると二度と元の高さまで戻ることはない不可逆性を持ちます。
局所の地盤沈下は、局所的な揚水や、元々水田(軟弱地盤)だった地域に建物が構築されたような場合に、地耐力を超えて荷重が載荷されることにより地盤沈下が発生し、建物が被害を受けます。

地盤改良

地盤改良とは、建物などを地盤上に構築するにあたり、このような
地盤沈下・不同沈下の影響が及びにくくするため、地盤に人工的な改良を加え安定性を保つために行なう工事のことです。
基礎地盤の改良工法には、砕石パイル工法・表層改良工法・柱状改良工法・鋼管杭工法などがありますが、当社では天然砕石のみを材料に使用した環境に優しい工法であります天然砕石パイル工法の「HySPEED工法」をお勧めしています。

地盤改良

HySPEED工法とは

既存の地盤改良工法のようにあらかじめ決まった杭を使ったり、地盤を補強しない工事と異なり、砕石パイルをその地盤にあうように確実な施工で1本づつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させて、地盤の支持力を高める地盤改良工法です。

HySPEED工法の強度

100年に一度の大雨と、大地震を想定した強度があります。
十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、岸壁で大きな被害が
発生しましたが、砕石を使った地盤改良では大きな被害はなく、
現在の工法の中では最適とされています。
hyspeed工法とは

HySPEED工法の特徴

Point1

hyspeed工法の特徴

地震時の衝撃に強い砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがある。

Point2

hyspeed工法の特徴

環境貢献工法天然の砕石しか使わないので、土境汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。

Point3

hyspeed工法の特徴

産廃費用が発生しない産廃費用が発生しない 産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

Point4

hyspeed工法の特徴

リユースで地球に貢献将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使えます。

Point5

hyspeed工法の特徴

液状化対策工法地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により抑制します。

Point6

hyspeed工法の特徴

CO2を5,000kg削減砕石しか使わないことにより他の工法に比べC02の排出を少なくします。

Point7

hyspeed工法の特徴

無公害工法今まで施工が出来なかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも問題なく施工が出来ます。

Point8

hyspeed工法の特徴

遺跡になる工法セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。

他工法との比較

従来の住宅地盤改良工法の種類

①セメントパイル工法/②表層改良工法/③鋼管杭工法

セメントパイル工法

セメントパイル工法

セメントパイル工法は、現地の土とセメント系固化材を混ぜ合わせて補強体を築造する工法です。

固化不良のリスク

セメント系固化材には、固化し難い土が種々あり、特に酸性が強い土はセメントの固化を阻害します。火山灰質粘性土(いわゆるローム)や腐植土などは酸性が強く、多くの地域で蓄積しています。固化し難い土質に相性の悪いセメント系固化材を使用すると、固化不良を起こし、強度不足から、建物の不同沈下を引き起こす要因になります。

六価クロムが発生するリスク

土とセメント系固化材を混合し、セメントの焼成過程で酸化されて、六価クロムは発生します。通常は固化するセメントに取り込まれる為、固化後に六価クロムが溶出することはほとんどありませんが、固化不良が起こると六価クロムが溶出することがあります。

表層改良工法

建造物[住宅家屋]敷地に表層地盤改良をします。軟弱地盤の層が地表から2メートル以内の場合に軟弱地盤層の強度を上げ、下部の良好地盤層と一体化させて支持地盤を造る工法です。良好な地盤が傾斜して存在する場合は表層改良は不適当です。改良範囲に近接して、隣地の家屋や塀などがある場合掘削による影響を考慮する必要があります。

施工者の技術に依存する

勾配のきつい土地では施工が難しい場合があります。また、地盤改良面よりも地下水位が高い場合は対応できません。施工者のスキルに依存しやすく、実績を積んでいないと仕上がりの強度に影響します。

六価クロムが発生するリスク

土とセメント系固化材を混合し、セメントの焼成過程で酸化されて、六価クロムは発生します。

表層改良工法
鋼管杭工法

鋼管杭工法

鋼管杭工法は、鋼製杭を垂直に打ち込むことで地盤上の構造物を支えます。

騒音や振動が大きい

工事に入る前は、ご近所さまへの配慮は欠かせません。同じ条件で工事した場合、柱状改良工法より高額になる傾向があります。

土地評価の目減り
土地の鑑定時に「土壌汚染」や「埋設物」の有無で発見された場合土地評価算定が低くなります。

液状化実験が動画で
ご覧いただけます

一都三県の地盤紹介

一都三県の地盤一覧 >

お問い合わせContact

全国、どこでも対応します!
お気軽にご相談ください

PC工法(プレキャスト工法)・HySPEED工法
プレストレストコンクリート工法


PAGE
TOP