HySPEED施工現場より♬

ブログ

2022.04.27

皆さん、こんにちは。今日はとても湿度が高く、ムシムシしていますね。

そして、明日のさいたまは今日より10℃くらい気温が下がる予報。

寒暖差に体がなかなかついていけませんが、体調にお気をつけくださいね。

 

 

さて、今日の話題はHySPEED工法の話題です。

先週、弊社が施工を担当させていただいた、県内某所からの様子です。

 

 

新築を建てられる際には必ず、地盤調査を行います。改良判定が出て、

必要な場合に様々な工法があるのですが、施主様は環境に優しい、

天然砕石を使用した「HySPEED工法」を選ばれました。

 

 

「ホッパー」と呼ばれる、砕石の入った青いバケツのようなものが

あります。ここからケーシングを伝って砕石を落とし、地中に埋め込み、

転圧し、砕石の杭を構築していきます。

すりきり状態に入っている量が、ちょうど砕石杭1本分になります。

(杭長4.25m)なんとなく想像していただけますでしょうか?

砕石杭の本数や杭長は、建物の荷重によって異なりますが、

砕石も設計通り正確な分量です。

 

 

HySPEED工法は天然砕石のみを使用しているため、セメント系の杭等と違って、

将来、建て替えの際などに撤去の必要や、土壌汚染の心配がありません。

夢のマイホーム。先々のことまで考えて、環境に配慮した

工法を選びたいですね。

 

 

続きをまた後日、お知らせしたいと思います。それでは今日はこの辺で・・・。

 

#PC工法 #プレキャストコンクリート #プレストレスコンクリート #建設 #建築 #施工 #hyspeed工法 #HySPEED350工法 #ハイスピード工法 #地盤 #地盤調査 #地盤改良 #マイホーム #新築 #一戸建て #注文住宅 #健康住宅 #SDGs #液状化 #液状化現象 #水害 #地震 #天災 #さいたま市 #浦和区 #エコ #六価クロム #SDGs未来都市 #桜区  #求人募集 #従業員募集

 

お問合せ情報画像

全国、どこでも対応します!

PC工法の
現場施工、施工図、施工管理