地震対策は地中から!!!

ブログ

2022.01.26

こんにちは!!今朝も冷え込んでいますね。

今朝、起きて窓の外を見ると、瓦屋根にうっすらと

白いものが・・・。どうやら、夜のうちに雪が

降ったようです。

 

 

さて。数回に分けてお話しているHySPEED工法ですが、

本日は「地震」についてです。

先日も大分や宮崎で震度5強の大きな地震があったばかりですね。

地中から染み出した、水気の多い土砂がみるみる

広がっていく液状化映像をニュースで観ましたが、

お住まいの方は、大丈夫だったでしょうか?

余震にもどうぞお気をつけくださいね。

 

 

実は、HySPEED工法は「地震」に対抗する地盤改良工事です。

地震時に起きる現象として・・・。

 

1,横揺れ → 地震せん断力

2.縦揺れ → 突き上げせん断力

3.   液状化 → 砂質土の液状化

が挙げられます。

 

セメントや鋼管杭など、既存の柱状工法の場合、

地中の中で杭が折れてしまったり、地層せん断には

弱いとされています。それは杭の周りには地耐力がないからです。

その点において、砕石パイルは「せん断力」に対抗します。

HySPEED工法は、砕石を締固める工法なので、砕石を

転圧することにより、パイル側面や底部が圧密状態となり、

砕石杭・周辺地盤そのものを強くするからです。

 

 

また、砕石パイル自体の隙間が水を通しやすい

性質のため、水圧をうまく吸収して液状化を軽減する

効果が期待できます。よって、建物の被害低減が

期待できます。

 

 

地震大国である日本。マイホームを建てる際、

見えない「地盤」の部分もしっかりと対策しておきたいですね。

 

 

こちらもよろしくお願いします ↓ ↓ ↓

 

 

#PC工法 #プレキャストコンクリート #プレストレスコンクリート #建設 #建築 #施工 #hyspeed工法 #HySPEED350工法 #ハイスピード工法 #地盤 #地盤調査 #地盤改良 #マイホーム #新築 #一戸建て #注文住宅 #健康住宅 #SDGs #天然砕石 #液状化 #液状化現象 #砕石杭 #さいたま市 #浦和区 #エコ #六価クロム #カーボンニュートラル #桜区  #求人募集 #従業員募集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合せ情報画像

全国、どこでも対応します!

PC工法の
現場施工、施工図、施工管理