HOME  > プレキャストPC工法について

プレキャストPC工法とは
あらかじめ工場で製作されたPC部材を現場まで運搬しクレーンなどにより組み立てる工法のことです。
この工法によると現場での型枠、鉄筋の組立などの作業がほとんど不要となり、工期を短縮することができます。 また、近年特に深刻化してきている現場技能労働者の不足を補うことができ、工場では、鋼製型枠使用のため南洋ベニヤ材を使用しないことにより、熱帯雨林の保護にもつながります。
工場で十分な品質管理の下で製作されるため、均一で優れた品質の部材を得られ、高品質の建物をつくることができます。
プレキャストPC工法では、施工順序(支持方法、架設方法、接合時期)の差異により設計応力が変化するため注意が必要です。 また、プレキャスト部材は運搬可能な寸法であるか、揚重可能な重量であるか、基本計画時に総合的な検討をすることが大切です。
大幅に工期を短縮することができ、現場での
人員も従来の人数より少なくすみます。


プレキャストコンクリート(Pca・PC)とは
現場で組み立て・設置を行うために、工場などであらかじめ製造されたコンクリート製品、あるいはこれを用いた工法。
専用工場で製作されるため、天候に左右されることなく、高い品質のコンクリート製品が得られること、工場では型枠を規格化し、鋼製型枠とすることにより、繰り返し使うことができる。木製型枠の使用が原則で、繰り返し使うことが難しい場所打ち工法に比べ、森林資源の浪費を抑えることができることがあげられる。


施工管理も一貫して弊社が丁寧に致します
施工計画書、施工図に基づいて施工いたします。また弊社の、プレストレストコンクリート工業協会の発行するPC資格を持ったものが責任を持って各種品質管理項目のチェック、試験、写真管理を致します。


施工管理もお任せください!


メールでのお問合せ

PC工法について
PC工法とは 現場打ち プレキャスト メンテナンス工事について
PC工法について

NHSでは、一緒に建築業界を盛り上げてくれる新しい仲間を随時募集しています!

採用情報はこちら 協力会社の募集を行っております

NHSでは、施工現場が全国に及ぶため、協力会社の募集を行っております。

協力会社の募集はこちら ブログ

NHSでは、PC工法での施工を中心に、建設のことならなんでもご質問、ご相談をお受けしています。
ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問合せはこちら グランデ